日本機械学会Top > インフォメーションメール

インフォメーションメール

<< 前のメール   一覧に戻る   次のメール >>
タイトル [再送] No. 17-138 産業・化学機械と安全部門 研究発表講演会2017年度冬
配信日時 2017年11月13日 00時00分16秒
配信元 産業・化学機械と安全
本文 日本機械学会
 ロボティクス・メカトロニクス
 生産システム
 技術と社会
 法工学専門会議
 産業・化学機械と安全
 部門登録の皆様

             2017年度(第95期)部門長 杉田吉広
いつもお世話になっております。
講演申し込み期日が近づいてまいりましたので、再送させていただきます。
講演のお申込み、講演会への参加をご検討下さるようお願いいたします。

No. 17-138
産業・化学機械と安全部門 研究発表講演会2017年度冬

開催日   2018年1月22日(月) 
会場   まちなかキャンパス長岡 5階交流ルーム (新潟県長岡市大手通2-6 フェニックス大手イースト)http://www.machicam.jp/index.html


開催趣旨 建設機械,工作機械,農業・食品機械,印刷機械,エネルギープロセスをはじめとする各種産業機械,また化学装置,化学プラント等,化学品製造に関わる化学機械のそれぞれの安全に関連する分野で活躍する技術者・研究者の交流を目的とする部門講演会を開催いたします.研究報告に関する講演だけでなく,日頃取り組んでいる技術的問題の提起なども含め,多くの皆様の御講演および御参加をお待ち申し上げます.「日本機械学会若手優秀講演フェロー賞」対象講演会となります.

募集分野 セッションは一般セッションとオーガナイズドセッション(OS)を予定しております.
○ 一般セッション:
○ OS:産業・化学機械等の安全における課題の現状と将来展望
    明治大学元教授の杉本旭先生による基調講演「安全の工学的体系化への試み(仮題)」を予定しています。

講演申込締切日 2017年11月30日(木)
講演原稿締切日 2017年12月20日(水)
発表資格    ※2017年度より原則本会会員(一部協賛団体を除く)となりましたのでご注意ください。

詳細はこちらをご確認ください:https://www.jsme.or.jp/kaihi/minaoshi/kanren.html

入会手続き:https://www.jsme.or.jp/member/register-application/
入会申込みはお時間に余裕を持って行って頂けますようお願いいたします。

発表・聴講可の協賛団体:
安全工学会,石油学会,日本工作機械工業会,日本信頼性学会,日本非破壊検査協会,日本ボイラ協会,日本流体力学会,農業食料工学会,腐食防食学会
※上記協賛団体の「正員・学生員(個人会員)」のみ。法人会員は含まれません。
※講演申込時に必ず所属協賛団体の会員番号をご記載ください。

聴講のみ可の協賛団体:
エンジニアリング協会,化学工学会,石油化学工業協会, 日本電機工業会,日本エネルギー学会,日本機械工業連合会,日本金属プレス工業協会,日本高圧力技術協会, 日本プラントメンテナンス協会,日本縫製機械工業会


講演申込方法 学会ウエブサイト(http://www.jsme.or.jp/kouchu.htm)から,「研究発表申込書」をダウンロードし,必要事項を記入の上,下記「講演申込先」までE-mailにてお申込下さい.

原稿作成方法 原稿執筆は日本機械学会の「研究発表に関する規定」(https://www.jsme.or.jp/jsme/uploads/2017/01/kanrenkitei7.pdf)に準じ(英文abstractは省略可),A4版2頁のWordファイルおよびPDFファイルの2種を作成して下さい.
講演原稿申込締切日までに,sakurai[at]jsme.or.jp([at]を@にご変更下さい)までご提出下さい. また併せてJSTデータベース用抄録(http://www.jsme.or.jp/form/jstform.doc)もWordファイルおよびPDFファイルの2種を作成の上ご提出下さい.

講演発表の採否 講演発表の採否は,本講演会運営委員会に一任願います.また,プログラムの情報などは部門ウエブサイト(http://www.jsme.or.jp/icm/)に順次掲載する予定です.

講演使用機器 原則としてPC液晶プロジェクターとします.なお,発表の際のPCは各自ご持参願います.

講演時間 1題あたり講演15分,質疑応答5分の計20分を予定しております.
参加登録料 会員:5,000円,会員外7,000円,学生員1,000円,一般学生3,000円,いずれも論文集1冊を含みます.なお,参加登録料は当日講演会会場受付にて申し受けます.
*本会特別員(法人会員)および会員外の方も聴講は可能でございます。

問合せ・講演申込・原稿送付先 〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館5階 日本機械学会 
産業・化学機械と安全部門(担当職員 櫻井)E-mail:sakurai[at]jsme.or.jp ([at]を@にご変更下さい)
<< 前のメール   一覧に戻る   次のメール >>