日本機械学会Top > インフォメーションメール

インフォメーションメール

一覧に戻る
タイトル 講習会『実験流体力学 流体計測の基礎』のご案内
配信日時 2019年06月12日 07時16分59秒
配信元 流体工学
本文 日本機械学会
  流体工学部門
  熱工学部門
  動力エネルギーシステム部門
  環境工学部門
部門登録者 各位
                              第97期流体工学部門
                              部門長 森西 洋平

標記講習会のプログラムをご案内いたします.お申込方法等の詳細は記載のURLをご参照下さい.
No.19-55講習会「実験流体力学 流体計測の基礎」
https://www.jsme.or.jp/event/2019-40754/

【開催日】2019年9月5日(木)

【会 場】
日本大学理工学部 駿河台キャンパス1号館3階131教室
東京都千代田区神田駿河台1-8-14/JR中央・総武線「御茶ノ水」駅徒歩3分 ,
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅徒歩3分,
東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅徒歩5分 

会場までのアクセス:http://www.cst.nihon-u.ac.jp/campus/access.html

【趣 旨】
シミュレーション技術の発達により様々な流体現象が明らかになってきています.しかし,今もなお自動車や航空機などの輸送機の空力特性の改善や騒音の抑制,ポンプや送風機などの流体機械の性能向上,さらには橋梁などの耐風設計など様々な分野で実験流体力学が必要であり,流体現象の実証には欠かせません.しかしながら,個々の分野に特化した指導者に指導を受けることはできても,幅広い実験手法の知識を持ち,正しく的確に実験を行える技術者になるための学びの機会は多くはありません.
今回の講習会では,流体計測の基礎に重点を置き,基本的な物理量のである圧力,流速,流体力の計測手法をテーマに取り上げ,それらの基礎的な事項から実際の計測事例について講師の方々に紹介していただきます.
本講習会の対象者は,主に学部・大学院の学生,社会において実験流体を専門とする若手研究者です.多数のみなさまの参加をお待ちしております.

【プログラム】
9:30~11:00 「流速測定と波形解析の基礎」
石川 仁(東京理科大学)
11:10~12:40 「可視化計測の基礎」
金子 暁子(筑波大学)
12:40~13:40 昼休み(ベンダーによる機器展示を予定)
13:40~14:20 機器展示メーカーによるショート・プレゼンテーション
当日の機器展示に出展するベンダー数社
14:30~16:00 「圧力測定の基礎」
飯田 明由(豊橋技術科学大学)
16:10~17:40 「機械における流体計測の基礎」
佐々木 壮一(長崎大学)
18:00~20:00 懇親会(懇親会費は別.詳細は講習会申込者に別途連絡.)

なお,本講習会は講習会参加者に限って,教材の電子ファイルを提供いたします.(講師が了承した場合に限る)奮ってご参加ください.

【定 員】60名程度.申込み先着順により定員になり次第締め切ります.

【聴講料(教材1冊分の代金を含む)】
会員16,000円,会員外26,000円,学生員/大学院生の会員(正員)* 6,000円,一般学生9,000円. (協賛団体会員の方も本会会員料金で受講できます)
〔*本講習会は大学院生の会員(正員は,学生員聴講料で参加できます〕.なお,ご入金後は取り消しのお申し込みがありましても聴講料は返金できません.
※学生員から正員資格へ変更された方は,卒業後3 年間,本会講習会への聴講は学生員価格にて参加が可能です.下記申込先フォームの会員資格は「正員(学生員から正員への継続特典対象者)」として下さい.
※学生員として入会後、正員継続3年の以内の方」を選択し,卒業年と卒業された学校名を記載下さい.

【参加申込】
Web (http://www.jsme.or.jp/kousyu2.htm) からお申し込み下さい.
本講習会では講義終了後、懇親会を予定しております。お申し込み際、通信欄に懇親会参加の有無を必ず記載ください(会費4000円、当日現金払いのみ)
特別員資格にてご参加の場合は、WEBよりお申込み後、行事参加料割引券を担当までご郵送下さい。

【教材のみ購入】
Web (http://www.jsme.or.jp/kousyu2.htm) からお申し込み下さい.1冊につき,会員3,000円,会員外5,000円です.

【問い合わせ先・担当】
日本機械学会 流体工学部門事務担当:関根郁夫
Tel: 03-5360-3504/E-mail: sekine@jsme.or.jp
一覧に戻る